1.堂山下遺跡の甕を見てみよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 堂山下遺跡には、動画で紹介した展示物のほかに、九州地方からもたらされたと考えられる石鍋や、中国大陸からもたらされたと考えられる青磁などが展示してあります。

 また、金属加工に使われる「けがき針」と考えられる遺物が出土しています。宿としての多様な地域の交流や、多様な人が集まっていたことが想像されます。

 

 

 

○問い合わせ先

 さきたま史跡の博物館 資料・展示担当

 行田市埼玉4834

 電話:048-559-1181 FAX:048-559-1112

 ホームページ:http://sakitama-muse.spec.ed.jp または 「さきたま史跡の博物館」で検索