2.広木上宿遺跡と宝塔

 

 

 

 

 

 広木上宿遺跡の金属製小型宝塔は漆に入れられて発掘されました。また、発掘が行われた場所からは、お堂の基壇と思われる遺構が発見されています。墓に囲まれて、堂が立っている風景が思い描かれます。

 ただ、発掘調査された地点は、丘の中腹です。丘の上にさらに寺や堂が広がっていたのではないかと想像されます。

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○問い合わせ先

 さきたま史跡の博物館 資料・展示担当

 行田市埼玉4834

 電話:048-559-1181 FAX:048-559-1112

 ホームページ:http://sakitama-muse.spec.ed.jp または 「さきたま史跡の博物館」で検索