金錯銘鉄剣

資料名     金錯銘鉄剣

ふりがな    きんさくめいてっけん  

寸法      全長73.5cm

年代      古墳時代後期(A.D.471)  

 

文化財の指定  国宝

地域      行田市埼玉

 

解説

埼玉古墳群の稲荷山古墳第1主体(礫槨)の出土品。剣身の中央に切っ先から柄(つか)に向かって、表面57文字、裏面58文字の計115文字の銘文が刻まれている。古墳時代の刀剣に刻まれた銘文としては最長である。冒頭の「辛亥年(しんがいのとし)」は西暦471年と考えられ、作刀者の「ヲワケの臣(しん)」の8代の系譜、「杖刀人首(じょうとうじんのかしら)」の職について「ワカタケルの大王(おおきみ)」(雄略天皇か?)の政治の補佐役を務めたことが書かれている。