資料名 画文帯環状乳神獣鏡
よみがな がもんたいかんじょうにゅうしんじゅうきょう
寸法 面径15.5cm

 

稲荷山古墳の後円部墳頂の埋葬施設の一つである 礫槨 れきかく から出土した副葬品。外区には月と太陽や雲、内区には神獣や神仙の文様が表現される銅製の鏡。同じ文様の鏡は群馬県高崎市八幡観音塚古墳など、全国で6面が知られている。

画文帯環状乳神獣鏡

写真:3枚 更新:04/30 作成:04/21 管理