新着情報

新着情報

NEW 令和4年度 第2回特別史跡埼玉古墳群保存整備協議会の開催について

日時:令和5年1月7日(土) 10時30分~15時

会場:埼玉県立さきたま史跡の博物館 講堂

議事:令和4年度の事業報告について

 

傍聴について

傍聴を希望される方は、事前に下記問い合わせ先にご連絡ください。

※ 12月29日~1月3日を除く平日9:00~16:00にご連絡ください。

 

お問い合わせ先

埼玉県立さきたま史跡の博物館

〒361-0025 埼玉県行田市埼玉4834

史跡整備担当 ℡048-559-1181

0

NEW ほるたま展2022「埴輪男子」を開催します

さきたま史跡の博物館は、公益財団法人埼玉県埋蔵文化財調査事業団との共催により「ほるたま展2022『埴輪(はにわ)男子』」を開催します。

「ほるたま展」は、同事業団が県内のさまざまな施設で開催している巡回展示です。「埼玉を掘る」の意味で命名され、平成17年度から毎年開催しています。

今年度のほるたま展のテーマは「埴輪男子」です。さきたま史跡の博物館を会場とする今回の展示では、より多くの資料を揃えて、古墳時代の男性の職業やファッションを紹介します。あわせて、埴輪の製作技法を考える展示も行います。

 

展示案内 > 企画展・特別展

0

スポット展示「二子山古墳の調査成果」を開催します。

本展示では、2017年度から2018年度にかけて行われた二子山古墳の発掘調査で出土した資料を展示します。

シカなどが線刻された(埴輪を焼く前に工具等で模様等が描かれた)円筒埴輪は初めてのお披露目となります。

 

 

会期

令和4年11月1日(火曜日)~令和5年3月12日(日曜日)

 

会場

県立さきたま史跡の博物館 国宝展示室

 

展示資料点数

36点

 

主な展示内容

(1)線刻のある埴輪

墳(ふん)丘(きゅう)造出(つくりだ)しから出土した円筒埴輪を展示します。出土した埴輪の9割以上は円筒埴輪であり、墳丘造出し周辺からは線刻が施された円筒埴輪片が多く見つかりました。線刻は、斜格子文や葉脈状の綾杉文など幾何学的な文様のほか、四肢をもつ生物のような表現など、具体的なモチーフが描かれたものもあります。なかでも復元された円筒埴輪の1点には、角をもつシカと考えられるモチーフが刻まれ、その上から「×」印が施されています。シカの線刻のある人物埴輪はさいたま市見沼区で1例確認されていますが、円筒埴輪では埼玉県内で初めての発見です。

 

(2)出土した土器

 墳丘造出しから出土した土器を展示します。墳丘造出しからは多くの土器が出土し、なかでも須恵器の坏と土師器の高坏が主体を占めます。須恵器は複数の産地のものがあると推定され、陶邑(現大阪府)産と考えられる資料もあります。土師器の高坏は胎土が白く丁寧な作りの一群と、赤い色をした一群に大きく分かれます。白の一群は23点、赤の一群は17点出土しました。多量の土器を用いた儀礼が行われていたと考えられます。

 

その他

御来館にあたっては、新型コロナウイルス感染症防止対策に御理解と御協力をお願いいたします。

 

問い合わせ先

  県立さきたま史跡の博物館 資料・展示担当 別所

               史跡整備担当  ナワビ

  〒361-0025 行田市埼玉4834

  電話:048-559-1181 FAX:048-559-1112

0

企画展「家形埴輪」を開催します

さきたま史跡の博物館では、毎年埼玉古墳群や古墳時代に関連するテーマの企画展示を開催しています。

今年は、家形埴輪にスポットを当てた展示を10月8日(土)より開催します。

 

家形埴輪は、古墳時代前期(4世紀)に近畿地方で成立し、形象埴輪の中では最も古い段階に出現したとされています。

関東地方では、古墳時代前期の家形埴輪は確認されていませんが、中期(5世紀)前半に群馬県で確認されています。埼玉古墳群の稲荷山古墳で出土した家形埴輪は中期後半のもので、入母屋造の家形埴輪としては関東で最古の例として注目されています。

今回の展示では、家形埴輪の種類とそこから考えられる建物、埴輪から推察できる豪族の館の様子や、一般の竪穴住居の暮らしなどについて考えます。

 

展示案内 > 企画展・特別展

0

ボランティアによる展示解説を行っています

毎週水曜日・土曜日に、ボランティアによる国宝展示室の解説を行っています。

(都合により休止する場合もございます)

1日4回、時間は10分程度です(5分は質疑応答の時間となります)

【午前】①10:30~10:45  ②11:15~11:30

【午後】③14:30~14:45  ④15:15~15:30

 

事前予約は不要です。御希望の方は、開始時刻までに国宝展示室前にお集まりください。

※一般団体、学校団体は対象外です。

【お問合せ先】

埼玉県立さきたま史跡の博物館(TEL:048-559-1181)

0

スタンプラリー実施中です

現在、3つのスタンプラリーを実施中です。

景品は「さきたま体験工房」でお渡ししています。

 

① 関東考古学フェア スタンプラリー2022

【11月27日(日)まで】

【対象】だれでも

抽選でオリジナルカレンダーが当たります。

関東1都6県の対象施設のうち、2つ以上の都県にまたがり、3か所以上のスタンプを集めれば応募できます。

(応募期間内にお一人様1回。コピー不可)

 

② 彩の国 東部・北部ミュージアムスタンプラリー

【11月30日(水)まで】

【対象】中学生以下

行った場所のスタンプを

3館分集めると「記念シャープペン」

6館分集めると「はにわ貯金箱」がもらえます。

(※景品はなくなり次第、終了になります)

 

③ 関東地区博物館協会スタンプラリー

【11月30日(水)まで】

【対象】だれでも

加盟している約80館園のうち3つの館のスタンプを集めると、

その場で先着30名にオリジナルクリアファイルをプレゼント。(※景品はなくなり次第、終了になります)

0

9月以降の出張授業の御案内を公開中です

令和4年度9月以降の出張授業について、内容・申し込み方法など公開しております。

 

出張授業とは当館職員が学校に出張し、特別な授業を実施するものです。
(主に小中学校・特別支援学校が対象)

学校団体様の希望に応じて、色々なメニューを選んでいただけます。

ぜひ、以下のページをご覧ください。

 学校利用 > 出張授業

 

0

埼玉の考古おひろめ展 「地中からのメッセージ」を開催します

 埼玉県には約10,000の遺跡があります。毎年200件を超える発掘調査が行われ、貴重な発見が相次いでいます。それらは、埼玉県の歴史を語る上で大変重要な資料です。

 本展示では、全国最多の子持勾玉が出土したことで話題となった行田市北大竹遺跡を中心に、近年発掘調査を実施した遺跡や整理作業が終了した遺跡の出土品、令和3年度に県や町の指定文化財となった考古資料を展示し、「埼玉の考古」の最新の成果をお披露目します。

 会期・主な展示内容などは下記のページをご覧ください。

 

展示案内 > 企画展・特別展

0

重要 まが玉づくりセット販売価格の改定について

当館の商品につきまして、原材料や物流費の高騰などにより、令和4年9月1日(木)販売分より価格改定を実施させていただくことになりました。

お客様にはご負担とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

1 価格改定日

令和4年9月1日(木)

2 価格改定商品

まが玉づくりセット 白
まが玉づくりセット 桃
まが玉づくりセット 黒

3 改定後の販売価格

商 品 名 改定前価格(8/31まで) 改定後価格(9/1以降)
まが玉づくりセット 白 250円 300円
まが玉づくりセット 桃 300円 350円
まが玉づくりセット 黒 350円 400円

 

0