タグ:博物館のおしごと

出張授業で火おこしに挑戦!?          

 博物館本館は現在休館中ですが、「呼んで学ぶ」を実現するため、学習支援担当は様々な学校に出張授業を実施しています。今回は県内の特別支援学校での実践をご紹介します。

 

 

 今回、出張授業を行ったのは県内の特別支援学校高等部1年生30名。古代人も一緒に授業に参加してくれました。

 

授業のようす。自己紹介する古代人。授業のようす。自己紹介する古代人。

 前半は、「古墳時代へタイムスリップ」です。これは、「古墳時代がどんな時代なのか」、「埼玉古墳群ってどんな場所なのか」、「はにわって何か」など古代についての学習を行います。ただ難しい話を一方的に聞いていてもつまらないので、説明の中にはたくさんのクイズが出てきます。そのクイズの回答をグループで考え、ホワイトボードに書いていきます。時には大人でも難しいような問題を、友達と協力して回答を導き出していました。正解したグループには大きな拍手が送られていました。

 また、授業の最後には本物の遺物(今回は円筒埴輪片)をさわる時間も設けました。生徒の皆さんが目を輝かせながらやさしくさわる姿が印象的でした。

 埴輪片を観察しているところ。埴輪片を観察しているところ。

 後半は、「火おこしに挑戦!」です。古代の発火具を用いて実際に火を出すことに挑戦します。始めに、職員が道具の使い方を実演し、グループに分かれて体験開始です。

 開始直後は、はじめて触る器具に悪戦苦闘する様子が見られましたが、ここで登場するのが力強い助っ人です。当館には学習支援ボランティアが在籍しており、今日も4名の方がお手伝いに来てくれました。百戦錬磨のボランティアさんのアドバイスにより少しずつ煙が発生し、焦げ臭いにおいがしてきました。一生懸命火おこし器具を上下に動かす生徒の額には汗が。一生懸命、物事に取り組む姿は本当にかっこいいです。コツをつかむことに成功し、火種が十分できたら感動の瞬間はもうすぐです。火種を麻の繊維に包み、それをトングではさんでゆっくり回していくと・・・。火が起こりました!火をつけてうれしそうな生徒。それを笑顔で見守る友達と先生方。自然と大きな拍手が起こります。一人が火おこしに成功するのを見ると、自分も火をつけてみたいという思いが強くなります。そこからは、どのグループからもきれいな火が起こり、大きな拍手と歓声が上がっていました。

 火おこしのようす。 火おこしのようす。火が着いた。

 

 今回の出張授業で古代のことや埼玉古墳群に少しでも興味をもってくれたら幸いです。

 出張授業は今後も様々な学校で行われる予定です。今後の更新も楽しみにしていてください。

 (広報・学習支援担当)

古代人、出張授業をお手伝い(小学校向け「古墳時代へタイムスリップ!」)

 どうも、古代人です。

 

 

 先日、博物館の出張授業をお手伝いしたので、そのときのことを書きます!

 

 
 今回の出張授業は「古墳時代へタイムスリップ!」。小学4年生の皆さんに、古墳時代と埴輪、埼玉古墳群について、興味をもってもらうために行いました。

出張授業の様子。

 今の4年生の社会科の学習では、自分の住んでいる地域の文化財について勉強する時間があるんだって。だからみんな、「埼玉古墳群」について勉強しているんだね。

 


 でも、ただ話を聞いているだけだとつまらないよね。今回は、博物館の職員の人がクイズをたくさん用意してくれたよ。

クイズをしているところ。モニターに問題が写っている。黒板には各班の得点が貼ってある。

グループで協力して、高得点を目指そう! 

みんな、一生懸命答えを考えていたね。ちなみに、わたしは正解を発表する係だったよ。

円筒埴輪レプリカを見せて解説をする古代人の写真。

 

 

 実際に授業で使ったクイズを一つご紹介!

 問題:埼玉古墳群には、大型の古墳がいくつある? 次の写真を見て、数えてみよう!

埼玉古墳群上空からの写真。

 

 

 答えは、全部で「9基」(円墳1基・前方後円墳8基)!

埼玉古墳群上空からの写真(大型古墳を丸で囲む。)。

 大きな古墳がこれだけ集中しているのは、全国的にも珍しいんだ。

 

 古墳じたいの価値もあるし、長年、多くの人が整備したり研究してきたのが評価されて、埼玉古墳群は令和2年3月に国から「特別史跡」に指定されたよ。史跡の中で最もすごいレベルの場所ってことだね。

 

 

 この授業で、古墳時代や埼玉古墳群に興味をもってもらえたら嬉しいな。

 


(古代人)

古代人が埼玉古墳群と博物館の思い出をふりかえります②

どうも、古代人です。
 

職員の方のお手伝いで、埼玉県立さきたま史跡の博物館や埼玉古墳群に行った時のことを振り返っているよ。

前回の記事はこちら

 

2022年の冬頃に、古墳群を見て回ったんだった(#古代人の日常_Season2)。

南側の古墳を見て、前玉神社に寄ったあと、なにをしたかというと……


埼玉古墳群の中で一番大きい、「二子山古墳」の横を通っていったよ。全長が132mもあるから、なかなか通り過ぎないんだ。

 

 

将軍山古墳展示館の入口を見つけた古代人。
墳丘の埴輪が目印の「将軍山古墳」に着いたら、中が展示施設になっていた。

 

2023年11月の今は本館が工事でお休みだから、この将軍山古墳展示館でチケットを買うことになるよ。

今チケットを買って取っておけば、本館が再開した後、1回だけ無料で入館できるらしい。詳しくはトップページの「博物館(本館)の工事休館のお知らせ」を見てね。

 

石室の復原展示を見る古代人。
将軍山古墳展示館の見どころといえば、やっぱり「石室の復原展示」。石室がつくられた当時そのままの床が見られるなんて、なかなかないことだね。

 

 

 稲荷山古墳の礫郭表示を観察する古代人.
将軍山古墳から少し歩いて、稲荷山古墳に登ったよ。金錯銘鉄剣が見つかった礫郭の位置に表示があるから、よく見ておこう。この中に、昔の人が剣や まが玉と一緒に埋葬されていたんだね。

 

 

 丸墓山古墳を眺める古代人。
隣の「丸墓山古墳」は階段を上るのがけっこう大変だった。でも登り切ったらとても眺めがよかったなあ。晴れていたから、行田市の町なかにある忍城(おしじょう)も見えたよ。
丸墓山古墳から見える忍城。

 

 

 

保存運動の碑を見る古代人.
その後は、古墳の保存運動を始めた人たちが建てた碑や、埼玉県名発祥の碑を見たよ。

古墳群の中にはいろいろな碑があるから、巡ってみるのも面白いかも。

 

7月頃になってもう一度古墳群に行ってみたら(#古代人の日常EXTRA)、ちょうど「鉄剣月間」という期間だったみたいで、国宝展示室でクイズラリーを開催していた。あと「埼玉の考古おひろめ展」という展示もやっていたね。

奥の山古墳の盾持人埴輪のレプリカを観察する古代人。ミュージアムグッズ「国宝鉄剣箸」
他にも、新しいミュージアムグッズが出ていたり、奥の山古墳の横に盾持人埴輪のレプリカが立っていたり、半年くらいの間でも色々変化があって面白かったなあ。

 

 

そういえば、今年の初めには、同じ県立の博物館の「嵐山史跡の博物館」にも行ったっけ(#古代人の日常Season3)。

不思議な服の人が解説しながら案内してくれて、とても面白かったし、ためになったよ。また別の回で紹介しようかな。

 

思い出してたら、またどこか博物館に出かけたくなってきたなあ。もし出かけたら、このブログでリポートします!

 

またね!

 

(古代人)

愛宕山古墳発掘調査開始です!            

いよいよ本日から発掘調査が始まります!

今回は、発掘調査を開始する前の準備の様子をお届けします。

 

 

 発掘は事前の準備がとても大切で、計画を入れると数年前から決まっていることもあります。

 今年度の発掘についても、どこを・どのような目的で・どのように掘るのかを検討してきました。もちろんこれは学芸員だけでなく、大学の先生方や有識者の方々にご指導いただいています。

 そして、発掘で使用する機材や重機の契約も大切なお仕事です。つまり、発掘に至るまでには事務業務も多々あります。

 


 こちらは、機材置き場と休憩所の設営風景です。

休憩所設営休憩所設営

 普段あまり使用しない場所なので、土埃や虫が...。作業員さんに快適に過ごしてもらえるよう、きれいにしました!

 


 さて、こちらは10月中旬の愛宕山古墳の様子です。

 (草刈り前) 南西から撮影 (草刈り前) 南西から撮影(草刈り前) 北西から撮影(草刈り前) 北西から撮影

草が延びてしまっています。これでは土を掘ることができないので、専門の業者の方に草刈りをしてもらいました。

 

 

こちらが現在の様子です。

(草刈り後) 南西から撮影(草刈り後) 南西から撮影(草刈り後) 北西から撮影(草刈り後) 北西から撮影

 すっきりしました!

 

 こちらは安全対策としてネットを張っている様子です。

安全対策安全対策

 発掘が始まると深い穴(トレンチ)を掘ることになるので、間違って入ってしまわないようにネットで囲みます。

 

 

 最後は、調査区設定の様子です。

調査区設定調査区設定

 調査区設定は、左奥にみえる機械を使用して調査する場所に目印を付ける作業です。

 

 

 さあ、これでいよいよ発掘が開始できます!

 今後は調査の様子をお届けします。お楽しみに!

 

 
(史跡整備担当)

新しい3Dモデル公開しました!!①

 新しい埴輪の3Dモデルを公開しました。

将軍山古墳から出土した円筒埴輪の3次元モデル。

Sketchfabで見る(外部サイトが開きます)

 今回3Dモデル化した館蔵資料は、将軍山古墳から出土した円筒埴輪です。この円筒埴輪は、平成5年度の発掘調査の際に後円部北側の内堀から出土したものです。ほぼ完形品で、器高は62㎝の4条突帯をもち、色調は橙色で直立状の形状をもつのが特徴になります。

 

 

 将軍山古墳では、他のタイプの円筒埴輪も出土しており、同じ古墳でも複数の工人集団によって作成されたタイプの違う円筒埴輪が並べられていたことがわかっています。

 

 引続き埼玉古墳群で出土した円筒埴輪の3Dモデルを公開していく予定ですので、3Dモデルを通して円筒埴輪の種類の違いを感じていただければと思います。

 

(史跡整備担当)

古代人が埼玉古墳群と博物館の思い出をふりかえります①

 どうも、古代人です。

 

 さきたま史跡の博物館のホームページをご覧の皆様、はじめまして。

 わたしは埼玉古墳群とさきたま史跡の博物館に定期的に行っていました。最近、博物館本館が工事休館になって残念に思っていたら、職員の方から、博物館の休館中ブログで記事を書いてくれないかと頼まれて、今書いてます。

 ノートパソコンでブログを執筆する古代人。

 職員の人とちがってあまり専門的なことは書けないけど、ファンの一人として、どんなことが楽しかったか思い出しながら書いていくよ。面白そうだなと思ったら、皆さんも行ってみてね。

 

 

 2022年の初め頃に、さきたま史跡の博物館と埼玉古墳群に初めて行ってみたんだ。その時のことが、博物館の公式X(旧Twitter)にも載っているね。「#古代人の日常」で検索すると、まだ見られるかも?

 

 あの日はまず館内を歩いてみて、国宝展示室で「金錯銘鉄剣」などの貴重な遺物を見たよ。

 

金錯銘鉄剣を見る古代人。

 今は工事休館中だから、本物はしばらく見られないのが残念。再公開を待ちたいね。

 

 

 あとは、博物館のオリジナルグッズを買ったり「まが玉づくり体験」をしたり……。

博物館でグッズを選ぶ古代人。

 グッズは、今でも博物館に連絡すると郵送で買えるみたいだね。詳しくはこのページ(利用案内>ミュージアムグッズ>通信販売の申込方法について)に注文の仕方が書いてあるよ。

 

 

 博物館で出土品を見た後は、外に出て埼玉古墳群を歩いてみたよ(#古代人の日常_Season2)。古墳群は本当に広くて、ゆっくり見ていると2時間くらいはかかったかなあ。冬だったからちょっと寒かった。

特別史跡 埼玉古墳群ガイドブックの表紙。

 古墳群をまわるときは、博物館で買った「特別史跡 埼玉古墳群ガイドブック」がとっても役に立ったな。今は博物館に入れないから、郵送で買うか、駐車場の向かいの「さきたまテラス」って施設で買うこともできるみたい。

 

 博物館のすぐ近くの瓦塚古墳を見た後、まずは古墳群の南側の3基(奥の山古墳、中の山古墳、鉄砲山古墳)をまわったよ。

奥の山古墳の傍らに立つ古代人。

 

 

 鉄砲山古墳で撮った写真。わたしと比べると大きさがよくわかるね。

鉄砲山古墳と古代人。


 途中で近くの前玉神社に寄って、「さきたま」と言葉が入った歌の碑を見たり、猫たちに挨拶したり。この近くは古墳だけじゃなくて、楽しみ方も色々あるんだ。

万葉歌碑を見る古代人・前玉神社の猫に挨拶する古代人

 いろいろ思い出してきて、長くなってしまった。続きはまた別の記事で書こうかな。

 またね!

 

(古代人)

2年ぶりの愛宕山古墳の発掘調査始まる!

  11月から愛宕山古墳の範囲確認と保存状況を確認するための発掘調査を行います。

 

 今回は令和3年度から2年ぶりの発掘調査で、これまで未調査だった前方部南側及び周堀南側(かつてお店があった場所)が対象です。

 調査に当たっては近隣や公園利用者に配慮し、安全に作業を進めてまいります。

 なお、発掘調査現場内は大変危険ですので、立ち入りはご遠慮ください。ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。

 

 

1.調査期間 令和5年11月1日(水)~令和6年2月29日(木)

2.調査地点 愛宕山古墳

3.調査日時 各週の火・水・金曜日の9:00~16:00まで
      (調査の進捗や天候状況により、変更することがあります)

愛宕山古墳発掘調査区

 どんな発見があるか私たちも楽しみです!

 

休館中ブログにて調査の様子をお伝えしていく予定ですので、引き続きよろしくお願いします。

(史跡整備担当)

 

現場に関するお問合せ
埼玉県立さきたま史跡の博物館 史跡整備担当
TEL 048‐559‐1181

博物館改修工事の進捗状況Vol.1

さきたま史跡の博物館は9月1日より改修工事に伴い休館となっておりますが、

改修工事中の当館の状況についてお知らせいたします。

 

①博物館外のケヤキ並木

 博物館へと続くケヤキ並木から博物館までは、安全のためのフェンスで囲われています。

来園者用の通路を確保してありますが、通常時と比べとても狭くなっておりますので、通行には充分お気を付けください。

 

ケヤキ並木の写真フェンス外通路の写真

 

博物館前にあった自動販売機はフェンス外に移動してありますので、今までどおりご利用いただけます。

自動販売機の写真

 

②博物館の外観

 博物館の外観写真です。工事用の仮設事務所や足場が組まれており、工事着工前と現在の状況を比較すると、その違いは一目瞭然です。

 博物館外観様子(現在)

フェンス外通路の写真

博物館外観様子 (工事前)

博物館外観様子 (工事前)

現在は作業を行うための足場組立を行っています。これから屋上防水や館内の空調設備、電気設備などの改修を行っていきます。

 

引き続き進捗がありましたら更新していきます!

さきたま史跡の博物館の再オープンをお楽しみに!

(総務担当)

出張授業に行ってきました(中学校向け「郷土の誇り 埼玉古墳群」)

 先日、博物館の近隣の中学校に出張して授業を行いました。
 テーマは「郷土の誇り 埼玉古墳群」。古墳群や出土品についてのより深い知識や、地域の人々が古くから地元の古墳に向き合い、保護を行ってきた歴史をお伝えしました。

授業の様子。

 各地の古墳は、様々な事情で墳丘の部分がなくなってしまったものが多くあります。埼玉古墳群の古墳は今でこそ特別史跡の指定を受け大切にされていますが、かつては消滅が危ぶまれた時期もありました。

 埼玉古墳群の位置する土地(現在の行田市)が開拓され始めた頃は、地面が水分を含みすぎていて開拓がうまく進まなかったようです。そこで、古墳の墳丘から埋め立て用の土をとることが行われていました。

 例えば、かつて埼玉古墳群の東にあった若王子古墳は、土取りで昭和9年頃には完全になくなってしまいました。

若王子古墳があった位置上空からの写真(黄線はクロップマークから推測された墳丘の形。)

 このままでは他の古墳もなくなってしまうと危惧した当時の埼玉村の人々は、昭和10年、県に対して丸墓山、二子山、鉄砲山古墳の保存要望書を提出します。指定のための調査が行われる間にも、稲荷山古墳の前方部が土取りで消滅してしまいましたが、昭和13年にはそれらの古墳が周辺のものも含め「埼玉村古墳群」として国の史跡に指定されます。

 この指定の後には、各古墳の周りに「埼玉村古墳群」と書かれた標柱や記念碑が建てられました。これは、地域の古墳を守っていこうとした人々の決意の証といえます。昭和32年に「埼玉古墳群」へ名称を変更した現在も、これらの石碑や標柱は古墳をまもるように残っています。

保存運動の記念碑鉄砲山古墳の標柱

 この授業を通して、埼玉古墳群の近くに住む中学生の皆さんに、古墳や郷土の文化財を誇りに思い、大事にしていく気持ちを持ってもらえればと思っています。

 
(広報・学習支援担当)

学習支援ボランティア活動中【火おこし道具制作】

 普段は、まが玉づくり体験など各種体験のお手伝いをしていただいている学習支援ボランティアの皆さん。休館中でイベントが限定されている今は、どんなことをされているのでしょうか。

 
 一つは、イベントのための道具の準備です。

 火おこし体験で使う道具を作っているところです。これは舞ぎり式というやり方に対応した道具で、板状の部分を上下させると、芯が回って木どうしで摩擦を起こすことができます。

 摩擦で熱を持った火種から、火をおこすことになります。

 ちなみに、芯の部分は擦り減ったら取り換えられるようになっています。写真は、予備の芯を作っているところです。

 「火おこし」はさきたま古墳公園内で行うほか、出張授業でも実演することがあります。この機会に新しい道具をそろえておき、来年度は万全の状態で臨みたいです。

 道具制作に協力いただけるボランティアの皆さんには、感謝してもしきれません……

 
(広報・学習支援担当)